バストに関する知識を深めよう!

バストサイズが同じでも、年齢、体型、体質によって乳房の質が変わってきます。

乳房は大きく分けて、乳腺とそれを包む脂肪組織でできています。
乳房の要となるのは乳腺ですが、割合はわずか10%程で残りの90%は脂肪組織です。

乳房の大きさは乳腺の発達と、その周りの脂肪組織の量で決まってきます。

また、その構成比率によって固さ、弾力、張りに差が生じます。

乳腺は15~20あって、乳頭に集まってきています。
乳頭の先には小さな穴があって、そこから母乳(乳汁)が出るようになっています。

乳腺は妊娠すると活動が活発になり、乳房が大きくなりますが、授乳が終わると母乳の分泌がなくなり乳腺も退化して乳房も小さくなります。
また、月経の周期に合わせて、膨らんだり、縮んだりします。月経前になると乳房が張った感じがします。

おすすめコンテンツ

おすすめの豊胸専門サイト

豊胸手術ナビ
美容外科にて確実なバストアップを検討されている方はこちらをご参照ください。